大人も使える!IKEAの収納家具、子ども用からの再活用法と注意点

この記事は、子どもの成長に伴い、IKEAの収納家具をどのように活用し直せるか、またそのデメリットを知りたい方に最適です。

お子様がおもちゃを使わなくなった後、その収納家具はどのように再利用すればよいでしょうか。IKEAの収納家具は、子ども用としての役割を終えても、他の用途に活用可能です。多くの家庭で「子供が自分でおもちゃを片付ける」と評価されているこの家具を、工夫次第で長期間使い続けることができます。

例えば、ファイルボックスを使ってワークスペースの整理にも役立てることができます。

リリコ

この記事では、そんな収納家具の新しい使い方をご紹介します。

目次

IKEA収納家具の再利用でさらなる価値を

子供が使わなくなったIKEAの収納家具は、アレンジ次第でさらに便利になります。

子供の成長に合わせて様々な使い方が可能で、おもちゃを卒業した後も長く利用できます。リーズナブルな価格でありながら品質はしっかりしており、耐久性やアレンジの幅も広いのが特徴です。

  • 学校用品の整理に最適な収納の工夫
  • 頑丈なデザインの子ども用勉強机
  • 衣類収納にも最適なデザイン

これらのポイントを生かして、長く活用しましょう。

学校用品の整理に最適な収納の工夫

子どもがおもちゃを使わなくなった後は、学校用品の整理に収納家具を活用しましょう。

たとえば、ランドセルは引き出しを取り外して収納することで、スペースを節約し、部屋をスッキリ見せることができます。教科書やノートも立てて収納可能ですが、収納家具の奥行きが深いため、使い勝手には注意が必要です。

奥行きが44cmのモデルでは、A4サイズの教科書を2冊収納できますが、奥にある物の取り出しは少し難しいかもしれません。

リリコ

普段使わない物は奥に収納すると良いでしょう。

頑丈なデザインの子ども用勉強机

横長タイプの家具を2つ使用し、間に天板を置くと、子ども用の勉強机に変わります。耐久性に優れ、適切な奥行きを持っているため、机としても非常に使いやすいです。

天板は天然木素材で重いので、子どもが簡単に動かすことはできません。しかし、天板がずれる可能性があるため、滑り止めシートを使用すると良いでしょう。

横長タイプや低めの縦長タイプが机として適していますが、色によってサイズが異なることがあるので、購入時には高さを確認することが重要です。

衣類収納にも最適なデザイン

おもちゃ収納としての役割を終えたら、子どもの衣類収納としても活用できます。衣類はおもちゃほど重くないため、引き出しの取り外しも容易で、使いやすいです。

低めの横長タイプや階段タイプが衣類収納に適しています。

開け閉めが簡単なので、子どもも自分で衣類を取り出しやすく、親も使いやすいと感じるでしょう。引き出しに「靴下」「ズボン」などとラベルを貼ることで、中身が一目でわかり、整理もしやすくなります。

IKEAの収納家具を大人の生活空間に活かす2つの方法

IKEAの収納家具は、子どもが成長した後も大人の生活空間で役立つ多機能性を持っています。

ここでは、そんな収納家具を大人向けに活用する2つの方法を紹介します。

  • 洗練されたサイドボードとしての利用
  • テレビ台としての活用

洗練されたサイドボードとしての利用

リビングやベッドルームでIKEAの収納家具をサイドボードとして使うのはいかがでしょうか。天然木製で洗練された外観は、どんな部屋にもマッチします。

低めの縦長または横長タイプがサイドボードとして適しており、カスタマイズのしやすさも魅力の一つです。棚板を追加したり、スタイリッシュなボックスを配置したりして、個性的なアレンジを楽しむことができます。

雑誌やリモコン、小物類を整然と収納し、リビングの機能的なスペースを作り出します。無印良品のファイルケースやデルフォニックスのファイルケースとも相性が良く、30cmの幅にぴったりフィットします。

テレビ台としての活用

横長タイプのIKEA収納家具をテレビ台として使うのも一つの方法です。

低い重心と頑丈な造りがテレビの安定した支えとなり、背面が開いているため配線の取り回しも容易です。

長めの棚板を追加することでDVDデッキなども置くことが可能ですが、専用の横長板はないため、必要なサイズはホームセンターで探す必要があります。

ただし、この利用法は横長タイプに限られ、縦長タイプや階段タイプでは重い物を置くスペースが限られているため適していません。

IKEA収納家具の一般的な課題と解決策

IKEAの収納家具は多くのメリットを持っていますが、利用者から指摘される課題も存在します。これらの問題を理解し、適切に対応することで、家具の効果を最大限に引き出すことができます。

  • 耐重量制限に留意:引き出しの外れる問題
  • IKEAトロファストの移動に関するアドバイス
  • オンライン購入時の配送料について

耐重量制限に留意:引き出しの外れる問題

この家具の引き出しには、重い物を入れた場合に外れやすいという問題があります。

ぬいぐるみや軽量の小物など軽い物を収納するのが適しています。

次のような対策を取ることで問題を軽減できます。

  • 重量の分散:小分けに収納
  • メッシュタイプのかごへの交換
  • レールの補強
  • 棚板の利用

①重量の分散:小分けに収納

さまざまなサイズのボックスが利用可能です。

大きいボックスにすべてを収めるより、小さいものを複数使い、重量を分散させることをお勧めします。

②メッシュタイプのかごへの交換

プラスチック製のかごは変形しやすく、引き出しの脱落の原因になることがあります。

金属製のメッシュタイプのかごに変えることで、耐久性を高めることができます。

③レールの補強

フレームのレール部分にL字型のアングルを追加して、引き出しの支持面を広げることができます。

これにより、引き出しの脱落を減少させることが可能です。

④棚板の利用

かごの代わりに専用の棚板を利用することもできます。

棚板をレールにセットし、その上にかごを置くことで、引き出しの外れる心配がなくなります。

これらの対策を取り入れ、IKEAの収納家具をより効率的に使いましょう。

IKEAトロファストの移動に関するアドバイス

IKEAのトロファストは天然木素材を採用しており、そのため重さが特徴的です。この重量感のため、一人での移動は難しいことが多いです。

模様替えや組み立て後の移動を考えている場合、複数人での作業が推奨されます。一方で、軽量なカラーボックスとは異なり、設置後は頻繁に動かすことを想定していないので、安定感があります。

リリコ

天然木製のため、適切な扱いをすれば長持ちするのも魅力です。

オンライン購入時の配送料について

オンラインでIKEAのトロファストなどの大型家具を購入する場合、配送料がかかります。この配送料は地域によって異なり、最低でも4,500円からとなっていますが、場所によっては10,000円以上になることもあります。

店頭での購入が最も経済的ですが、店舗が近くにない場合や車がない場合は、オンライン購入が唯一の選択肢となることもあります。

公式サイトの他、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングなどのECサイトでも購入可能です。これらのサイトでは商品価格は公式サイトの送料込み価格よりも高めに設定されていますが、送料無料のため最終的なコストはほぼ同等、場合によってはお得になることもあります。

購入の際は、配送地域の送料やポイントなどを考慮して、最もコスト効率の良い方法を選ぶことが重要です。

IKEAトロファストの活用法まとめ

IKEAのトロファストは、子供が使わなくなっても様々な用途で活用できる汎用性を持っています。例えば、おもちゃ収納の次にランドセルや学用品の収納として、また天板を追加して子供用の机として使用することが可能です。さらに、子供用の衣類収納としても便利で、使いやすい点が特長です。

ただし、重い物を収納すると引き出しが外れるリスクがあるため、その点には注意が必要です。また、重量のため一人での移動は難しく、オンラインで購入する際の送料も考慮する必要があります。

引き出しを棚板に変更することで、大人の雰囲気を持つ収納棚としてリビングや寝室のサイドボードにも適しています。また、トロファストの低さと重さを生かして、頑丈なテレビ台としても活用できます。

子供専用と思われがちですが、実際には多様な活用方法があります。子供が使用しなくなった後も長く使えることがこの収納家具の魅力です。

子供の教科書収納や大人用のワークスペース収納にも最適で、書類整理用のファイルボックスなどの小物も収納できます。カラフルなデルフォニックスのファイルボックスを使えば、見た目だけでなく機能面でも優れた収納ソリューションを提供できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次