離乳食の準備に裏ごし器は必要ない?使える代替品と便利な調理ヒント

離乳食を始める時に、「裏ごし器がないとダメかな?」と考える方は多いですね。

実は、裏ごし器をわざわざ購入しなくても大丈夫です。

他の調理器具でも離乳食の準備は十分可能です。

*この記事でわかること:

  • 裏ごし器を用意しなくても良い理由
  • 裏ごし器の代用として使える道具:ざる、茶こし、すり鉢、ブレンダー
  • 裏ごしが不要な離乳食作りのコツ:冷凍野菜や米粉、野菜フレークを活用

裏ごし器なしでも、他の道具を活用して簡単になめらかな離乳食を作ることができます。

今回はそのようなアイテムとその便利な使い方を詳しくご紹介します。

目次

離乳食の準備に裏ごし器は不要!

離乳食が必要になる5~6カ月の赤ちゃんは、まだしっかりとは噛めません。

そのため、消化を助けるために食材をペースト状にしますが、すべての食材を裏ごす必要はありません

たとえば、じゃがいもやサツマイモ、かぼちゃなどの根菜類は柔らかくなりやすく、裏ごしも容易です。

逆に、キャベツや白菜などの葉物野菜は裏ごし器を使っても上手く処理できないことがあります。

裏ごし器を使うと、準備や後片付けに手間がかかるデメリットもあります。

その代わりに他の調理器具を使って食材を滑らかにする方法を紹介します。

これらの代用品を使えば、裏ごし器なしでも滑らかな離乳食が作れます。

裏ごし器不要!便利な離乳食作りの代替アイテム

離乳食作りで裏ごし器がなくても問題ありません。

今回は、家庭で簡単に使える代替アイテムをいくつか紹介します。

ざるを活用

キッチングッズ

家庭にあるざるを使って、柔らかく煮た野菜を上に置き、木べらで押しながら裏ごしする方法が手軽です。

茶こしで小量調理

小さな茶こしを使えば、煮た野菜を入れてスプーンで押し潰すだけで、一食分の離乳食が作れます。

すり鉢を利用

コンパクトなすり鉢も離乳食作りに役立ちますが、食材が溝に残りやすいので、お手入れが少し大変です。

磁器製のすり鉢は清潔に保ちやすいのでお勧めです。

ブレンダーで簡単に

多量の離乳食を一度に作るなら、ブレンダーが非常に便利です。作ったものは凍らせておき、使うときにはすぐに取り出せます。

また、食材の柔らかさを調節して、赤ちゃんの成長に合わせた食感の離乳食を作ることができます。葉物野菜もブレンダーで滑らかに仕上がります。

ただし、裏ごしが必要な期間は半年程度と短いので、離乳食専用としてブレンダーを購入するのは割高に感じるかもしれませんが、スープやデザート作りなど他の用途にも使えるため、一考の価値はあります。

裏ごし器を使わない簡単離乳食の作り方

裏ごし器を使わずに、手軽にペースト状の離乳食を作る方法をご紹介します。

冷凍野菜を活用した簡単レシピ

野菜を柔らかく煮た後に冷凍しておき、使うときにはすりおろして使用します。

これにより、裏ごし器を使わずとも簡単に離乳食を準備できます。

人参、大根、白菜、玉ねぎを一緒に茹でて、ゆで汁も一緒に冷凍することで、すりおろしたときにペーストが滑らかになり、風味も向上します。玉ねぎは根元を残して茹でると、すりおろしやすくなります。

離乳食用の米粉粥の作り方

うるち米の米粉を使って簡単に離乳食粥を作る方法です。

もち米の米粉は粘りが強すぎるため不向きです。水と米粉を鍋に入れて加熱し、かき混ぜながらトロトロのペースト状になるまで調理します。

これで赤ちゃん向けのお粥が完成します。

野菜フレークを使った簡単レシピ

家事が出来ずにお手上げしている主婦

様々なドライ加工された野菜フレークを使って、簡単に離乳食を作ることができます。

フレークに少しずつ熱湯を加えてペースト状にし、お粥やスープに混ぜるだけで栄養価の高い食事が手軽に用意できます。

例えば、トウモロコシのフレークを温めたコンソメスープに加え、最後に粉ミルクを混ぜて加熱すれば、おいしいコーンスープが完成します。

裏ごし器がなくても大丈夫!

裏ごし器を使わなくても簡単に離乳食を作る方法をご紹介しました。日常で使える調理道具、例えばざる、茶こし、すり鉢、ブレンダーが裏ごし器の代わりに便利です。

また、冷凍野菜や米粉、野菜フレークを使うことで、調理時間を短縮し、手間を減らすことができます。これらの簡単な方法を活用して、愛情を込めた離乳食を赤ちゃんに提供してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次