バルバッコアでの昼食か夕食か?どちらがおすすめ?店舗ごとの昼食価格差に迫る!

多彩な肉を思う存分味わえるシュラスコの食べ放題が自慢のバルバッコア。昼食か夕食か、どちらで楽しむべきか迷う方も多いでしょう。それぞれにどんな違いがあるのかも気になる点です。

実はバルバッコアでは、昼食と夕食で提供するメニューや価格に違いがあります。昼食は夕食と比べてメニューが少ない代わりに、価格が手ごろです。一方夕食は、価格はやや高めですが、豊富な肉の種類を楽しめます。

この記事では、バルバッコアの昼食と夕食の特徴や、店舗によって異なる価格差、予約の重要性などについて解説しています。昼食と夕食の違いを明確にし、どちらで訪れるか迷っている方の参考になるようにまとめました。

目次

バルバッコアで昼食と夕食、どちらがおすすめ?

バルバッコアを訪れる際、昼食と夕食のどちらを選ぶかは一つの悩みです。昼食は肉の種類がやや限られるものの、約2,000円程度お得になっています。

夕食では、ショートリブやラムチョップなどさらに多くの肉類を選ぶことができます。

また、平日と休日で昼食のメニューと価格に差があります。特に平日の昼食は、価格を気にする方にとって最もコストパフォーマンスが良いでしょう。

この章では、昼食と夕食のメニューや価格の違いについて詳しく説明しています。バルバッコアを訪れる際、昼食か夕食かで迷っている方への参考情報としてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!

バルバッコアのメニューと料金について

バルバッコアでは、平日ランチ、休日ランチ、ディナーの3つのメニューがあり、各々2時間の食べ放題が楽しめます。それぞれのメニューで提供される肉の種類には少し差があります。

ここでは、バルバッコア青山本店の各メニューの内容を2023年12月時点で詳しくご紹介します。

共通のメニューは以下の通りです。

  • クッピン(コブ肉)
  • ビッフェデチョリゾー(サーロイン)
  • ピッカーニャ(イチボ)
  • アルカトラ(ランプ)
  • フラウジィニア(カイノミ)
  • ガーリックステーキ
  • ペッパーステーキ
  • チキン
  • 鶏ハツ
  • 豚肩ロース
  • ソーセージ
  • 焼きチーズ
  • 焼きパイナップル
  • サラダバー
  • デザートバー

平日ランチでは、これらの15種類のメニューが楽しめます。人気のカイノミやイチボも含まれており、サラダバーも豊富です。

休日ランチでは平日ランチのメニューに加えて、和牛アルカトラ(ランプ)が追加され、合計16種類になります。

ディナーメニューでは、これらに加えてコステーラデボイ(ショートリブ)、ラムチョップ、玉ねぎが加わり、合計19種類になります。

ディナーメニューは特にショートリブが骨周りの肉で風味豊かです。多様な肉を楽しむならディナーメニューがおすすめです。

アルコール類も別料金で提供されており、ブラジルのお酒「ピンガ」を使用したカクテルも楽しめます。

ただし、紹介したのは青山本店のメニューであり、店舗によって内容が異なることがあるため、詳細は各店舗のホームページで確認してください。

料金について

バルバッコア青山本店の料金は以下の通りです。

  • 平日ランチ:5,200円(税込)
  • 休日ランチ:6,000円(税込)
  • ディナー:8,000円(税込)

5千円を超えるランチ料金は少し高く感じられるかもしれませんが、特別な日や家族へのご褒美には適した価格です。

子供料金は以下の通りです(2023年12月現在)。

  • 6歳〜12歳の子供:平日ランチ2,000円(税込)、休日ランチ2,200円(税込)、ディナー2,500円(税込)
  • 0歳〜5歳の子供:食べ放題無料

例えば、6歳〜12歳の子供2人と大人2人で訪れる場合の料金は、平日ランチで14,400円(税込)、休日ランチで16,400円(税込)、ディナーで21,000円(税込)です。

子連れに優しいサービスもあり、子供向けの塗り絵や色鉛筆が用意されています。

家族での初めてのバルバッコア体験には、メニューが豊富で価格も手ごろな休日ランチがおすすめです。

バルバッコアの店舗ごとのランチ価格差

バルバッコアでは店舗によってランチやディナーのメニューが若干異なるとお伝えしましたが、実は料金にも店舗間で差が存在します!

全国にあるバルバッコアの店舗で平日ランチの価格を比較すると、最大で500円の違いがあることが判明しました。

例えば、以前ご紹介した青山本店の平日ランチは5,200円(税込)ですが、新宿店では4,800円(税込)、梅田店では4,700円(税込)となっています(2023年12月現在)。

都内には7店舗ある中で、新宿店や渋谷店、高輪店は他の店舗と比べて少しお得に利用できます。また、大阪にある2店舗も最安値で提供されています。

価格差の理由についてははっきりしませんが、例えば青山本店にあるサーロインが梅田店では提供されず、代わりにラムランプがメニューにあるなど、メニュー内容が影響している可能性があります。

事前に予算を考えている場合は、訪れる予定の店舗の価格を確認しておくと安心です。

バルバッコアをお得に楽しむ方法

バルバッコアをもっとお得に楽しむためには、ホットペッパーやぐるなびなどのクーポンサイトを利用するのも一つの手ですが、現在は特にお得なクーポンは見つかっていません。

過去には一休.comを利用して割引されたことがありましたが、今は該当するオファーがありません。

しかし、バルバッコアでは時々、年末年始などの特別な期間にお得なクーポンを提供することがあります。以前には「お年玉クーポン」で平日ディナーを5,000円OFFにするなどのキャンペーンがありました。

今後も特別なクーポンの提供が期待できるので、バルバッコアの公式ホームページでキャンペーン情報を定期的にチェックすることをおすすめします。

バルバッコアでランチの予約は必要か?

バルバッコアには都内に多くの店舗があり、予約なしで訪れることも可能だと思われがちです。しかし、特に週末のランチタイムは混雑が予想されるため、予約をすることがおすすめです。

インターネット上の口コミでは、「週末に予約しようと思ったら満席だった」とか「都内の複数の店舗を調べても予約が取れなかった」という意見が見られます。週末ランチの人気が高いため、訪れたい日が決まっている場合は早めの予約を検討すると良いでしょう。

次の章では、バルバッコアの各店舗のランチ営業時間をまとめています。また、初めて訪れる際の服装についてのアドバイスも含まれています。

予約は各店舗の公式ホームページから行えます。計画を立てる際は、訪れたい店舗の営業時間を確認してください。

各店舗のランチ営業時間

バルバッコアの店舗ごとのランチ営業時間は以下の通りです。

【青山本店、新宿店、渋谷店、六本木ヒルズ店、心斎橋店】

  • 平日ランチ:11時30分~15時(ラストオーダー14時30分)
  • 休日ランチ:11時~16時(ラストオーダー15時30分)

【丸の内店、高輪店、梅田店】

  • 平日ランチ:11時~15時(ラストオーダー14時30分)
  • 休日ランチ:11時~16時(ラストオーダー15時30分)

【虎ノ門ヒルズ店(休日ランチの営業時間が異なります)】

  • 平日ランチ:11時30分~15時(ラストオーダー14時30分)
  • 休日ランチ:11時30分~16時(ラストオーダー15時30分)

店舗によって営業時間が異なるため、予約する際は事前に各店舗の営業時間を確認しておくことがスムーズな予定立てに役立ちます。

バルバッコアでの服装マナー

洗練された内装が特徴のバルバッコアでランチを楽しむ際、適切な服装が気になる方も多いでしょう。しかし、実際にはランチタイムにはカジュアルな服装をされたお客様が多く、日常的な格好で訪れてもまったく問題ありません。

多様な国籍の方が訪れることもあり、Tシャツで来店される方もいます。リラックスして美味しいシュラスコ料理を楽しむためにも、気取らない服装でお越しいただいて大丈夫です。

バルバッコアの利用に関するポイント

  • ランチとディナーではメニューや価格に違いがある。
  • ランチはディナーよりもメニューが限られているが、価格は手頃。
  • ディナーは価格が高いが、ショートリブやラム肉などの肉類が豊富。
  • 店舗によってメニューに差が存在する。
  • ランチの価格は店舗ごとに最大で500円ほどの違いがある。
  • お得に利用するためには、公式サイトの季節限定クーポンをチェック。
  • 予約は早めにすることをおすすめ。
  • 店舗によりランチ営業時間が異なる。
  • ランチ時の服装はカジュアルで問題なし。

以上、バルバッコアのランチとディナーについてのお役立ち情報でした。美味しい肉料理を友人や家族と共に楽しむことで、日々の疲れを癒やし、新たな活力を得ることができます。バルバッコアでの食事を楽しんで、充実した日々をお過ごしください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次