【地毛に戻す】美容院での頼み方や方法は?期間は年単位を覚悟

地毛に戻す。美容院での頼み方、方法、期間
  • 地毛に戻すためには、どんな方法があるんだろう?
  • 美容院で地毛に戻していくために、どんな頼み方をすればいいんだろう?

そんな疑問がありませんか?

特に美容師さんと話すのが苦手な場合、うまく伝わるのか不安になりますよね。

そこでこのページでは、地毛に戻すときの美容院の頼み方について

  1. 定番の方法
  2. おしゃれも楽しめる方法

この2つについてお伝えしています。

リリコ

実は私、2年かけて地毛に戻したのに、今はまたカラーをしています^^;

体験をふまえて、地毛に戻すためにはどのくらいの期間がかかるのかどんなメリットやデメリットがあるのかも詳しく解説していこうと思います!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

地毛に戻すときの美容院での頼み方:定番の方法

地毛に戻していくとき、美容院での定番の頼み方は次の2つです。

  1. 黒染めをしてもらう
  2. 地毛に合わせて暗い色でカラーをしてもらう

黒染めと暗い色でのカラーは、似ているようで違います。

これは、薬剤の内容が違うためです。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、どちらが自分に合うか、確認してみてください。

黒染めをしてもらう

とにかく、真っ黒にしたい!それも長持ちする黒がいい!

という人は、美容院では黒染めをしてくださいと頼みましょう。

ただ、黒染めって結構リスクがあります。

黒染めのリスク

  • 黒くなりすぎるために違和感が出る
  • 一度黒染めをしてしまうと、その後明るくしにくい

これは美容師さんの腕によって変わるものではなく、黒染めのための薬剤がそういう仕様になっているためです。

なので、「もしかしたらカラーしている髪が恋しくなるかも…」という迷いのある人の場合、黒染めはあまりおすすめしません。

こういったリスクがあるので、美容院で「黒染めをしてください」と頼んでも、ほとんどの場合事前にしっかりと確認が入ります。

  • 黒染めじゃなくて暗いカラーもできますよ
  • 黒染めしちゃうと明るい色に戻せないけど大丈夫ですか?

など。

そのときには

「もう二度とカラーをするつもりはないです」
「とにかく黒くしたいんです」

などと伝えれば、美容師さんも安心して施術ができるでしょう。

頼み方:もうカラーをやめようと思うので、黒染めがしたいです。

地毛に合わせて暗く染めてもらう

地毛に戻していきたいときは、黒染めをするよりも「地毛に合わせたカラー」をする方がおすすめです。

  • 黒染めのような不自然さが出ない
  • 長らくカラーをしていた人でも、違和感が少なくてすむ
  • 明るい色に戻すことも可能

というメリットがあるからです。

1つデメリットがあるとすれば、カラーなので褐色や退色があるということ。

どれだけ暗いカラーで染めていても、少しずつ色落ちはしていくので、だんだんと明るくなってしまいます。

明るさが気になってきたらどうするかというと、また地毛以外の部分を暗く染めるのです。

なので、髪全体が地毛になるまでは、どうしても何回かカラーをする必要は出てきます。

頼み方:地毛に戻していきたい。地毛に合わせて暗いカラーで染めたいです。

カラーをなるべくしたくないという人は、色落ち防止の効果があるシャンプーを使うといいです。

カラーが長持ちしますよ。

地毛に戻すときの美容院での頼み方:おしゃれも楽しめる方法

地毛に戻していくのは、すごく時間がかかるので根気がいるものです。

でも、おしゃれをしながら地毛に戻していく方法もあるんですよ。

それが、

  • 地毛に合わせて暗く染める+ハイライトカラー
  • グラデーションカラー

というもの。

この2つについて説明しますね。

地毛に合わせて暗く染める+ハイライトカラー

地毛に合わせて暗く染め、さらに目立たない色でハイライトカラーを入れる。

これは、私が地毛に戻すとき、美容師さんに提案してもらった方法です。

地毛に合わせて暗く染めるだけでなく、ちょっとだけ明るい色でハイライトカラーを入れるというもの。

黒髪にハイライトを入れたスタイル
黒髪にハイライトを入れたスタイル

何が良いかというと、光に当たると少し茶色みが出て、「真っ黒!」という印象になりにくいんです。

とくに地毛が黒めの人におすすめですよ。

カラーをしている期間が長いと、いざ黒髪になったときしっくり来ないことは多いです。

でもほのかに茶色みがあることで、なじみがよくなります。

頼み方:地毛に戻していきたいので、地毛に合わせて暗いカラーにしたいです。ただ、暗すぎるのも嫌なので、あまり目立たない程度にハイライトカラーを入れたいです。

グラデーションカラーをする

地毛になっていく過程を楽しみたい人におすすめなのが、グラデーションカラー

地毛に戻すとどうしても地味な印象になってしまいますが、グラデーションカラーならおしゃれな印象になります。

グラデーションカラーとは

髪の中央部分~毛先にかけて、グラデーションになるようにカラーを入れる方法。

髪が伸びても根元が気にならない

頭頂部~中間部が黒髪のグラデーションヘア
グラデーションヘア

美容院で頼むときには、地毛に戻したいこと、地毛が伸びてきても目立たないようにグラデーションカラーをしていきたいことを伝えるといいですよ。

毛先の部分はどんな色を入れてもいいわけなので、おしゃれを楽しみつつ地毛に戻していけます。

頼み方:グラデーションカラーで徐々に地毛に戻していきたいです。
今生えてきている地毛の部分は、カラーを入れずにそのままにしておきたいです。

ちなみに…

ハイライトカラーやグラデーションカラーは、どんなヘアサロンでも施術をしているわけではないです。

施術が可能なサロンは、ホットペッパー ビューティーで探せますよ。

探し方は、次の方法がおすすめです^^

ホットペッパー ビューティー

→エリアを選択する

→おすすめ特集から「デザインカラーが得意なサロン」を選ぶ

【地毛に戻す方法】おすすめできないやり方2つ

地毛に戻すのって、ぶっちゃけ美容院に行かなくてもできます。

その方法は、次の2つ。

  1. 何もせずそのまま伸ばす
  2. 自分で黒染をする

やろうと思えば、可能です。

でもあまりオススメはしません…。

それは何故なのか、解説しますね。

何もせずそのまま伸ばす

何もせずそのまま伸ばす。

プリンになっても特に対策をせず、そのまま伸ばしてしまえば、そのうち地毛の部分が多くなってきますね。

そして伸びてきたら、カラーの入っている部分を切るという、至ってシンプルな方法です。

けれど正直、この方法はあまりオススメできないです…。

それは何故かというと

  • 太陽の下だとプリンがかなり目立つ
  • 清潔感に欠ける
  • 髪に気を使っていない人に見える

こんな理由があるから。

洗面所の鏡を見て「もともとのカラーは暗めだしそんなにプリンは目立たないよね!」なんて思っている人も、要注意。

太陽の下では全然見え方が違うから、がっつりプリンに見えている可能性、高いですよ。

特に地毛が黒めの人は注意です。

自分で黒染めをする

自分で黒染めをするというのも1つの方法です。

市販されている黒染めを使えば、安い価格で自宅で黒染めできちゃいますね。

だけど…

美容院での黒染めもあまりおすすめできないのに、市販の薬剤を使って自分で染めるっていうのは、もっとおすすめできません…

その理由はこんな感じ。

  • 自然な黒になりにくい
  • ムラになりやすい
  • 色落ちしやすい

私の周りでは、就職活動を始めるときに自分で黒染めをしている人もいましたが、ムラになっちゃって失敗している人が多かったですね…。

どーーしても、もうカラーはしたくないということなら「カラートリートメント」を使うのがおすすめ。

カラートリートメントとは、その名のとおりカラーリングとトリートメントをいっぺんにできる優れもの。

トリートメントなので髪を傷ませる心配がありません。

地毛に戻すために期間はどのくらい必要?

髪の伸び方は、1か月で1cm、1年では12cm伸びるのが標準です。

それをもとにすると、地毛に戻すための期間は次のようになります。

髪の長さ地毛に戻すための期間
ショート1年半
ミディアム2年
ロング3年
地毛に戻るまでの期間

このように、地毛にもどすためには年単位での計画が必要ということです。

リリコ

地毛に戻している間に飽きちゃって、結局またカラーをしてしまうという人が多いのも納得…

ちなみに、私も2年ほどかけて一度完全に地毛に戻しました。

でもやっぱり、地毛に戻している間にも「あー髪色変えたい…」という欲望がわいてくるんです。

当時は育児が大変な頃でしたので

「ダメダメ。プリンになってもカラーしに行く時間ないよ?」

と自分を制御して、なんとか地毛のまま過ごしていましたね。

そのあと2年ほどは地毛のままでいましたが、やっぱり飽きちゃいました…。

リリコ

そして今はまたカラーをしています^^;

早く地毛に戻すための方法は「こまめに切る」

地毛に戻すには1年半~3年かかるということをお伝えしました。

そこで疑問に思うのが

「もっと早く地毛に戻す方法ってないのかな?」

ということですよね。

地毛を早く伸ばすためには

「髪をこまめに切る」

のが有効です!

今、あなたの髪の毛先はどんな状態ですか?

枝毛や切れ毛ができていませんか

枝毛や切れ毛があると、それ以上伸びなくなってしまうという専門家もいるほどです。

傷んでいる部分は切って、早く髪が伸びるようにしましょう!

また、髪の長さを保ったまま地毛に戻そうと思うと、それだけ長い時間がかかります。

ミディアムの方はショートに、ロングの方はミディアムにするなど、思い切って短くするのも選択肢の1つ。

いつも同じ髪型だという方は、新しい髪型に挑戦してみるいいチャンスになりそう。

髪全体が地毛になったら、また好きな長さに伸ばしていくといいでしょう。

髪の成長を促進してくれるヘアローションを使ってみるのも、1つの手です。

地毛に戻すと大きなメリットが3つも

地毛に戻すメリット

地毛に戻すと、どんなメリットやデメリットがあるのか気になりますね。

メリットやデメリットの部分をじっくりと考えてから、地毛に戻すかどうかを決めるのもアリ。

まずはメリットの部分をお伝えします。

次の3つがありますよ。

  • お金がかからない
  • 時間の節約になる
  • 髪のダメージが減る

お金がかからない

カラーの施術って、今では当たり前になっているものの、冷静に考えると高いですよね…^^;

カット+カラーの平均的な相場って、8,000~10,000円なんです。

3か月に1回、美容院に行くにしても年間32,000~40,000円もかかっていることになりますね。

これがカットだけになると、年間12,000~16,000円ですむことになります。

この差はすごく大きい。

あえて黒髪にして、今までは我慢していたコスメや服にもっとお金をかける、という考え方もありますね。

リリコ

優先順位をしっかりと考えてみるといいでしょう。

時間の節約になる

美容院でカラーをしてもらおうと思ったら、結構時間がかかるものです。

数か月に一回のこととはいえ、やっぱり疲れているときには億劫(おっくう)だし、ついつい先延ばしにしたくなる。

美容院で何時間も座ってるのって、座ってるだけなのになぜか結構疲れません?泣

これが、カットだけになると1時間くらいで終わっちゃうので、早くて拍子抜けしますよ 笑

リリコ

私は2人めの子どもが生まれてから地毛に戻しましたが、育児の合間にサッとカットに行けるようになったので、とても良かったです。

髪のダメージが減る

地毛に戻ってみて実感したのは、やっぱりカラーって髪を痛めつけていたんだな…ということ。

カラーをしていない髪は、毛先の痛み方が全く違います。

ただ、完全に地毛に戻ったあとでも髪のお手入れはちゃんとした方がいいです。

具体的には、

  • ヘアオイルを使う
  • 成分のよくない安すぎるシャンプーを使わない

などですね。

私は育児の忙しさにかまけて、ヘアオイルなんて全く使っていませんでした。

そうしたら、カラーをしていなかったにも関わらず、もつれる&絡まる&パサパサ…という残念な髪質になっちゃいましたね。

今はカラーをしていますが、毎日ヘアオイルでセットをしているので、もつれたり絡まったりすることはありませんよ。

私が使っているヘアオイルはホーユーの「NiNE」です。

NiNEを使った感想をまとめているページもあるので読んでみてくださいね。

>>【口コミ】ホーユー・ナインのヘアオイルはリッチとライトどっちを使うべき?

地毛に戻すとデメリットも4つある

地毛に戻すデメリット

地毛に戻すデメリットは4つ。

  • 地毛に戻るまでにはかなりの時間がかかる
  • せっかく地毛に戻しても飽きてしまうかも
  • 老けて見えてしまう
  • 今のファッションやメイクと黒髪がなじまない

私個人的には、メリットとデメリットを比べるとデメリットの方が大きいなと感じています。

詳しく説明しますね。

地毛に戻るまでにはかなりの時間がかかる

先にもお伝えしましたが、地毛に完全に戻るのってかなりの時間がかかります。

もう一度確認しておくと…

  • ショート:1年半
  • ミディアム:2年
  • ロング:3年以上

といった感じ。

この期間が、想像以上に長いんです。

地毛に合わせて暗いカラーで染めた部分って、結構早めに退色&褐色してしまうんですよね。

褐色したままにしておくと見た目がよろしくないので、こまめに美容院へ通ってケアする必要は出てきます。

それか、なるべく褐色しないようにカラーシャンプーを使うとか。

つまり、そういった手間が、完全に地毛に戻るまで続くということです…

リリコ

地毛に戻す前は想像していなかったことなので、ちょっとめんどくさいなーと思っちゃいましたね。

せっかく地毛に戻しても飽きてしまうかも

長い時間をかけて地毛に戻った髪。

でも、いつもいつも同じ色の髪を見ていると不思議なことに「飽きてくる」んです。

  • また明るくしたくなってきたなー
  • 夏だと、黒って重く見えるなー
  • いつかは白髪染めが始まるんだから、好きな色にできるのって今だけじゃ…?

↑こんな誘惑が…。

「髪を染める」という選択肢がある以上、どうしても「カラーしたいな」という気持ちがよぎることはあるでしょう。

老けて見えてしまう

地毛に戻したときの1番の大問題。

それは老けて見えてしまうこと。

黒って、茶色と比べるとすごくハッキリした色ですよね。

そのせいで、肌のくすみが目立つようになってしまいます。

さらに、ツヤがない髪質の人も注意。

黒髪にする上で髪のツヤってとっても大事なんですね。

ツヤがないと、手入れをサボっているように見えてしまって老けて見えちゃいます。

地毛に戻すとなぜ老けてしまうのか?ということについてまとめたページもあります。

ぜひ読んでみてください。

>>黒髪が老けて見えるのはなぜ?30代はメイクを変えたりハイライトを検討すべし

今のファッションやメイクと黒髪がなじまない

茶髪ってすごいんですよ。

何がすごいって、茶髪なだけで垢抜けて見える効果があること。

これは地毛に戻ったら実感できるかと思います。

黒い髪に戻ったとたん、今までのファッションでは

「あれ?なんか地味…」

と感じてしまう可能性が高いです。

だから、地毛に戻すならファッションを変えていく必要があるし、メイクの色味なんかも見直さなきゃいけません。

ヘアカラーをやめるリスクについては、こちらの記事で詳しく解説しています

>>30代でヘアカラーをしないのはアリ?やめた場合のリスクと悩み別の解決法を教えちゃいます

地毛に戻すと、他の部分での努力が必要!

地毛に戻すと、美容院に行く頻度は減るから楽そう。

私もそう思っていたのですが、むしろ気を使う部分は増えるかもしれないです。

  1. 髪のケアを今まで以上にしっかりと
  2. ファッションの見直し
  3. 老けてみえない努力

などなどが必要になります。

ただ、髪が傷みにくくなるのは本当にすてき。

地毛に戻す前に、メリットとデメリットを天秤にかけて、自分にはどちらが合っているか考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次