【レプロナイザーvsリファ】くせ毛が買うべきドライヤーはどっち?

くせ毛はレプロナイザーとリファのどっちを買う?

レプロナイザーとリファのドライヤーは、くせ毛の場合どちらを買うべきでしょうか?

くせ毛に20年以上悩んでいる私が、実際に使って納得できたのはレプロナイザーでした。

リファもすごく実力のあるドライヤーなのですが、違いはこんな感じです。

  • レプロナイザー:サラサラ、多毛、剛毛向き
  • リファ:うるうる、軟毛、猫っ毛向き

リファはしっかりと潤う分、髪に柔らかさが出てうねりが出てしまうと感じました。

このページでは、レプロナイザーとリファで乾かした髪を写真で比較してみたいと思います。

\口コミをチェック/

目次

レプロナイザーvsリファ、くせ毛の伸び方をチェック

レプロナイザーとリファは、どちらの方がクセが伸びるのでしょうか。

乾かした後の髪を比較してみましょう。

レプロナイザーとリファのクセの伸び方を比較
レプロナイザーとリファのクセの伸び方を比較

私が前に使っていた10,000円以下のサロニアと比べると、どちらもしっかりクセが伸びているのが分かります。

レプロナイザーとサロニアとリファ
レプロナイザーとサロニアとリファを比較

ただ!

実際にレプロナイザーとリファを使った私としては、レプロナイザーの方がクセの伸びはいいと感じました。

前からの写真を見てもらうと、よく分かると思います。

レプロナイザーとリファのクセの伸び方の比較
レプロナイザーとリファのクセの伸び方の比較

リファはふわぁ~と広がっているのに対し、レプロナイザーはすとんと髪が降りてきているの分かりますか?

これだけまとまりがいいのは、クセがしっかり伸びているからこそ。

レプロナイザーvsリファ、ツヤが出るのはどっち?

クセが伸びていると、きれいに光を反射するため、ツヤの出方もよくなります。

そこで、ツヤの出方も比較をしてみましょう。

レプロナイザーとリファの頭頂部のツヤを比較
レプロナイザーとリファのツヤの比較
リリコ

光がしっかりと反射されているのはレプロナイザーですね。

レプロナイザーvsリファ、しっとりするのはどっち?

しっとりするのは、リファです。

レプロナイザーがパサパサになるわけではなく、リファの方がよりしっとりすると感じました。

最初にもお伝えしましたが、ドライヤーの仕上がりで1番違うのはこの点です。

  • レプロナイザー:サラサラ
  • リファ:しっとり

くせ毛にもいろいろ種類があるので、それによってどちらのドライヤーにするかを決めるのが重要です。

  • レプロナイザー:うねりの出やすいくせ毛の人
  • リファ:傷みによってクセがでやすい人
リリコ

ここまでの検証を踏まえて、それぞれのドライヤーはどんな人におすすめなのかをお伝えします

レプロナイザーのドライヤーがおすすめの人

レプロナイザー4Dを持っている様子

レプロナイザーのドライヤーをおすすめしたいのはこんな人です。

  • サラサラ髪になりたい人
  • 髪のクセをしっかり伸ばしたい人
  • 使えば使うほど髪の質がよくなるドライヤーがほしい人

レプロナイザーって、くせ毛の人が使うと「これが本当に私の髪?」と思わせてくれるドライヤーなんです。

ドライヤーの後だけじゃなくて、次の日も一日中サラサラ髪でいさせてくれます。

使っていくうちに髪質がよくなっていくのも、多くの人が体験していることですよ。

口コミ

レプロナイザーを使い始めてから、担当の美容師さんに「髪のコンディション良くなった?」と聞かれた!

回数を重ねるごとに良さを実感しています。湿気で広がりやすい私の髪にとても合っています。

アホ毛が目立っていましたが、レプロナイザーを使い始めてから少しずつ落ち着いてきてくれています。

\もっと口コミを見る/

リファのドライヤーがおすすめの人

リファビューテックドライヤーを持っているところ

リファのドライヤーをおすすめしたいのはこんな人です。

  • とにかく髪の乾燥を改善したい人
  • 傷みが原因でクセが出てしまっている人
  • 縮毛矯正をしている人

リファのドライヤーは、あらゆるドライヤーの中でもピカイチのしっとり感です。

濡れた髪は60℃以上の熱でダメージを受けると言われていますが、リファは60℃以下に保ってくれるプロセンシング機能が搭載されています。

傷みを最小限に抑えてくれるから、傷みが原因でクセが出てしまっている人にはおすすめなんです。

また、縮毛矯正を繰り返していている人がリファを使うと、矯正の効果が持続した、

口コミ

素直な髪になる気がして、縮毛矯正の効果もアップしていると感じています!

いつもなら縮毛矯正をしてもすぐ膨らんでくるのに、リファならしっとりサラサラになれます

縮毛矯正をしていて指に刺さってしまうくらい硬い髪だけど、すごくしっとりします!

\「しっとり」の口コミ多数!/

レプロナイザーとリファの機能を比較

では、レプロナイザーとリファの機能(モード)を比較してみましょう。

まずはモードから。

モード

レプロナイザーリファ
モードなしSCALP
MOIST
VLUME UP
モードの比較

レプロナイザーはすっごくシンプルな作りになっていて、他の高級ドライヤーにあるようなモードはついていません。

「髪の状態に合わせての使い分けなんていらない。とにかくレプロナイザーさえ使っておけば髪質がよくなる」みたいな作り手の心意気が感じられます。

一方、リファは髪の状態に合わせてモードを選んでいくような作りになっていますね。

私の髪はパサついていてボリュームダウンをしたいと常々思っているので、使うのはいつも「MOIST」で、「VOLUME UP」を使うことはありませんでした。

リリコ

家族で一緒に使うならリファのモードはありがたいですが、一人で使うならいらないモードが出てくるかもしれません。

使いやすさを比較

ひらめき

続いて、レプロナイザーとリファの使いやすさを比較してみましょう。

  • 風量と温度設定
  • 大きさ、重さ

この2つについて詳しくみてみましょう。

風量と温度設定について

レプロナイザーとリファを実際に使って感じたのが、風量や温度設定って結構大事なんだな~ということです。

ドライヤー名風量温度
レプロナイザー3段階固定(98℃)
リファ2段階(HIGH,LOW)
冷風はHIGHのみ
温度固定(60℃以下)
レプロナイザーとリファの風量と温度

この違いを踏まえて、レプロナイザーとリファ、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

レプロナイザー

メリットデメリット
髪の乾き具合によって、徐々に風量を小さくしていけるので乾かしやすい。
温度がしっかりあるので、クセが伸びやすい
温度設定はできず固定のため(98℃)、夏は暑い
レプロナイザーのメリットとデメリット

レプロナイザーは夏に使うとかなり暑いです^^;

ただ本当にいいドライヤーなので、それだけの理由で使わないのはもったいない…!

リリコ

夏だけ別のドライヤーを使って、秋、冬、春を中心に使うと良さそう。

そのくらいの対策をしてでも、使いたいドライヤーです。

リファ

メリットデメリット
温度を60℃以下にしてくれるから、傷みを気にせず使える風量がHIGHとLOWの2段階で、中間の風量がほしかった
冷風はHIGHしか使えない
低温だからクセが伸びにくい
リファのメリットとデメリット

リファは温度が低めで傷みを気にせずにすみますが、くせ毛の人には向いていないかも。

髪のクセは少し温度が高い方が良く伸びるためです。

リリコ

また、風量が2段階しかないので、風量を細かく使い分けながら乾かしたい人は、リファは向いていないです。

大きさ、重さについて

レプロナイザーとリファは、どちらも大きく重いです…^^;

ドライヤー名サイズ重量折りたたみ
レプロナイザー4D高さ253.5×幅247
×奥行72.1mm
約750g
リファRE-AJ高さ246×幅232
×奥行81mm
約740g
レプロナイザーとリファの大きさや重さ

持ち運びには向いていないので、自宅で使用するのが前提になります。

また、どちらにも共通している点として「吹き出し口が長い」というのがあります。

リファビューテックドライヤーを持っているところ
レプロナイザー4Dを持っている様子

リファは温度が低いのでいいのですが、レプロナイザーは温度が高いので、髪を傷ませないようしっかりと腕を伸ばして使いたいところ。

こちらは、吹き出し口の短いドレープフロー(シャープ)と比べたもの。

吹き出し口の長によって、これだけ髪との距離が変わってしまうんですね。

ドレープフローとレプロナイザーの吹き出し口からの距離
吹き出し口の長さでの、髪までの距離の違い
リリコ

ロングヘアの人だと使う時間が長くなるので、ちょっと腕が疲れちゃうかもしれないですね。

価格・コスパを比較

レプロナイザーとリファの価格を確認してみましょう。

ドライヤー名価格(税込み)
レプロナイザー4D57,200円
リファ(プロ)RE-AJ39,600円
*2022年11月より43,000円に値上げ
ドライヤーの価格比較

レプロナイザーは3D、4D、7Dと型式の展開がありますが、中間である「4D」、リファは1番新作である「プロ」の価格で比較をしてみました。

その価格差、17,600円

リファは2022年11月に43,000円に値上げされることが決まっていますが、それでも14,200円の価格差ですね。

ドライヤーでこの価格差は、結構大きくないですか?

値段を知っていた方でも、レプロナイザーって高いな、と改めて感じるのではないかと思います^^;

リリコ

だけど、レプロナイザーにはこれだけの金額を払う価値があります。

1日より1週間、1週間より1か月と、使えば使うほど髪の状態がよくなっていくドライヤーなので、ほんとコスパはいいですよ。

リファもお値段の張るドライヤーですが、髪を乾かす道具というよりは、もう美容器具なんです。

そう考えると、これだけ価格が高くなるのも納得です。

\みんなの口コミを確認する/

レプロナイザーとリファの比較をまとめ!

違いを比較

レプロナイザーとリファの比較をおさらいしてみますね。

ドライ後の髪の状態

比較項目優秀ドライヤー
クセの伸びレプロナイザー
ツヤレプロナイザー
しっとり感リファ
髪の状態の比較
  • さらさら →レプロナイザー
  • しっとり →リファ

と考えるとわかりやすいです。

モード

レプロナイザーリファ
モードなし
SCALP
MOIST
VOLUME UP
モードの比較

レプロナイザーはモードがありませんが、とにかく乾かしておけばOK。

リファは、自分の髪に合わせたモードを選択できます。

風量と温度設定

ドライヤー名風量温度
レプロナイザー3段階固定(98℃)
リファ2段階(HIGH,LOW)
冷風はHIGHのみ
温度固定(60℃以下)
レプロナイザーとリファの風量と温度

どちらも温風の温度は固定ですが、温度がかなり違うので、次のような特徴があります。

  • レプロナイザー →温度が高めなのでクセが伸びやすい
  • リファ →傷みのでにくい温度で、髪をダメージから守れる

価格・コスパ

ドライヤー名価格(税込み)
レプロナイザー4D57,200円
リファ(プロ)RE-AJ39,600円
*2022年11月より43,000円に値上げ
レプナイザーとリファの価格の比較
  • レプロナイザー →使えば使うほど髪が変わっていくドライヤーで、長期的に見ると損はなし
  • リファ →低価格のドライヤーでは手に入らない確かな潤いやツヤを考えると、価格は妥当

リファは2022年11月に値上げを予定!

リファの購入を検討している人は、今が1番安く買えるタイミングです。

というのも、リファは2022年11月に値上げをすることが決まっているから!

世界の情勢による原材料の高騰が原因のようです…。

値上げ後の価格は次のとおりです。

  • 旧型:36,300円 →40,000円(税込)
  • プロ:39,600円 →43,000円(税込)

どちらも3,000円以上の値上げになってます…!

1番安く購入できるのは、間違いなく今!!

こういうのって、迷っているうちに気づいたら値上げのタイミングが来てしまうんですよね…^^;

まだ検討中の人も、忘れないうちにお買い物カートに入れておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次