絹女とリファのドライヤーを比較!ツヤの出方や髪の柔らかさに注目!

絹女とリファのドライヤーを比較

絹女とリファはどちらもすばらしいドライヤーです。

でも、より自分に合っているのはどちらなのか、気になりますよね。

そこでページでは、絹女とリファのドライヤーについて徹底的に比較しました!

  1. ドライヤー後の髪の状態
  2. 機能
  3. 風量、ドライ時間
  4. 使いやすさ
  5. 価格、コスパ

絹女とリファ、どちらのドライヤーを購入するか迷っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

【絹女vsリファ】ドライヤーした後の髪質を比較

まずは、絹女とリファでドライした髪の状態を比較してみましょう。

絹女とリファでドライした髪の比較
絹女とリファの比較

価格10,000円以下のサロニアとの仕上がりを比べてみると、絹女とリファの良さがより分かるかと思います。

絹女とサロニアとリファでドライした髪の比較
絹女とサロニアとリファの比較

どちらのドライヤーもすばらしい仕上がりなのですが、あえて比較項目を作ってみました。

比較項目おすすめドライヤー
クセの伸び絹女
髪のまとまり絹女
ツヤの出方絹女
しっとり感リファ
髪の柔らかさリファ
リリコ

こうして見ると、髪の仕上がりは絹女の方が一歩リードというところ。

ここからは、髪の仕上がりについて、写真を混じえながら詳しくお伝えしますね。

クセの伸びは絹女

クセの伸びに関しては、絹女の方が優秀だと感じました。

絹女とリファのクセの伸び方の比較
クセの伸び方の比較

絹女の方が、毛先まで下に向かって真っすぐ落ちているのが分かりますか?

また、耳の後ろあたりのクセが出やすい部分も、絹女の方がクセが伸びています。

髪のまとまりは絹女

全体的な髪のまとまりに関しても、リファよりも絹女の方がいい感じです。

リファは全体的にふわぁ~っとしてますが、絹女は広がりは最小限に抑えられています。

絹女とリファの髪のまとまりの比較
髪のまとまりの違い

毛先だけを見ると、さらに絹女の方がよくまとまっているのが分かりますね。

ツヤの出方は絹女

ツヤの出方は正直なところ、どちらもすばらしいです。

絹女もリファもしっかり天使の輪ができていて、写真ではほとんど違いが分からないですね。

絹女とリファのツヤの違い
絹女とリファのツヤの出方の違い

ただ実感としては、リファよりも絹女の方がツヤはしっかり出ているなと感じることが多かったです。

リリコ

これは、リファと比べてだけの話ではなく、いろんな高級ドライヤーの中でも絹女のツヤはダントツですばらしいです。

絹女を使ってすぐのころ、こんな経験をしました。

  • ドライヤーを終えてふと窓に映る自分の髪のツヤに目がいく
  • 歯磨きをしてるときに、鏡に写った髪のツヤに驚く

こんな体験をしたのは、絹女だけ。

絹女には「GLOSSモード」というのがあって、それを使うと本当にツヤが出てピカピカになるんです。

しっとり感はリファ

リファの良いところは、とにかく髪がしっとりするところ。

リリコ

絹女もしっかりと潤いを感じますが、リファはその上をいくしっとり感です。

リファの場合、ドライヤーで乾かしている最中からどんどん髪に水分がとどまっていくのを感じるんですよ。

乾かしているのに潤っていくという、不思議な感覚です。

柔らかさはリファ

リファは髪にすごく水分をとどめてくれるので、髪の柔らかさも優秀です。

これに関しても、絹女よりレベルは上という印象。

縮毛矯正を繰り返して毛先が固くなっている人でも、リファなら柔らかさを感じている人は多いです。

絹女とリファの機能を比較

違いを比較

高級ドライヤーは機能が充実しているものが多く、絹女やリファも複数のモードが搭載されています。

その比較をしてみましょう。

モードについて

絹女とリファのドライヤーのモードについて比較をしてみましょう。

ドライヤーモード
絹女GLOSS
SCULP
SWING
リファSCALP
MOIST
VOLUME UP
絹女とリファのモード

それぞれのモードの違いを、詳しく説明します。

絹女

スクロールできます
モードモードでできること
GLOSSモードツヤを出しながらクセを伸ばしてくれる
SCULPモード低温風で頭皮と髪を保湿。キューティクルを引き締める
SWINGモード温風と冷風が交互に出てくる。髪を熱ダメージから守りたいときに
絹女のモード説明
絹女のモード選択

リファ

スクロールできます
モードモードでできること
SCALPドライの最初に使用。地肌や生え際3~5cmを乾かす。
MOIST髪の中間部~毛先に使用。しっとりと仕上げてくれる。
VOLUME UP髪の中間部~毛先に使用。ふんわりと仕上げたいときに。
リファ
リファのモード選択

絹女はすべてのモードが、その日の髪の状態に合わせて使えるものになっています。

  • 明日はお出かけだからしっかりツヤを出そう
  • 梅雨で湿気を含みやすいからキューティクルを引き締めよう
  • 傷みが気になるからSWINGモードを使おう
リリコ

そういった使い分けができますね。

一方リファは、MOISTモードとVOLUME UPモードのどちらもを使うことはあまりないでしょう。

ドライヤーを一人で使う場合は、どちらかのモードを全く使わないということが起こるかもしれません。

家族で使う場合には、それぞれの髪質に合わせてモードを選べますね。

温風と冷風について

温風と冷風の出方についても、絹女とリファの違いをみていきましょう。

まずは、絹女の温風と冷風について。

風の種類絹女リファ
温風3段階2段階
冷風3段階風量固定(強風のみ)
温風と冷風について

絹女は風量を3段階で設定できるので、乾かしながら少しずつ風の強さを変えていけるのがとてもいいです。

ただ、冷風を押すときにはボタンを押しっぱなしにする必要があり、そこは少し不便さを感じるかもしれません。

リファは温風は2段階(HIGHとLOW)になっていて、とてもシンプルです。

  • お風呂上がり →HGH
  • セットするとき →LOW

と使い分けるようなイメージでしょうか。

ひとつ留意したいのは、冷風はHIGH(強風)しか出ないということ。

リリコ

ドライの仕上げとして冷風をあてるときには、ちょっと風が強いので、冷風もLOWが出たらいいな~と感じました。

絹女

リファ

風量とドライ時間の比較

絹女とリファについて、風量とドライ時間を比較してみましょう。

絹女2.2㎥/分
リファ1.4㎥/分
ドライヤー風量

こうして比べてみると、絹女の方がかなり風量が強いですね。

絹女ドライヤーの風の強さ
絹女の風量

ただ、リファの1.4㎥/分というのも、ドライヤーの中ではかなり強い風なんですよ。

リファの風の強さ
リファの風量

2.0㎥/分を超えてくるドライヤーはあまりないので、リファが劣っているというわけではなく、絹女がかなり優秀ということです。

風量の違いを踏まえて、ドライ時間がどのくらい違うのかを見てみましょう。

セミロングの私の髪で、タイマーでドライ時間を測ってみました。

絹女3:36
リファ4:07
ドライ時間の比較
  • 絹女の方が風量が強い
  • リファの方が温度設定が低い

といった要因から、絹女の方が30秒ほど短い時間で乾かしきれます。

ただ、リファも60℃以下に保ちながら4分という時間でドライヤーを終われるのは助かりますね。

リリコ

絹女もリファも、あっという間にドライヤーが終わりますよ。

使いやすさの比較

ドライヤーは毎日、そして何年も長く使うもの。

使いやすさについても比較しておきましょう。

比較項目絹女リファ
折りたたみ
重さ363g740g
操作性
絹女とリファの使いやすさの比較

使いやすさでは絹女の方が上回っているといえるでしょう。

絹女は性能だけでなく、使いやすさにもこだわって作られたドライヤーです。

折りたたみができて驚くほど軽いから、どこにでも持っていけます。

操作性に関しても、絹女よりもリファの方が分かりやすいです。

というのも、リファの場合ボタンの操作で「ん?」と思うことが多いんですよね。

使っていると、

  • 電源ボタンの位置が分かりづらい
  • 風量とモードのボタンを迷いやすい

といったことが起こります…。

リファの電源ボタンの位置
リファドライヤーの風量とモードのボタン

ただ、これは慣れてしまえばなんとかなる部分なので、許容範囲です◎

価格・コスパの比較

次に、価格の比較をしてみましょう。

絹女26,400円
リファ(RE-AJ)39,600円
価格の比較

絹女とリファの価格差は13,200円となっています。

高級ドライヤーは30,000円を超えるものが多くなっているので、リファが特別に高い、というわけではありません。

リリコ

絹女が抜きん出てお得な価格だということです。

参考までに、他の高級ドライヤーの価格を置いておきますね。

ドライヤー種類ドライヤーの価格(税込)
絹女26,400円
ホリスティックキュア33,000円
シャープ
ドレープフローIB-WX2
33,000円(市場価格)
パナソニック
ナノケアEH-NA0J
38,610円
リファRE-AJ39,600円
ダイソンHD0845,760円
レプロナイザー4D57,200円
リリコ

絹女は本当にコスパ最強なドライヤーですよ

絹女

リファ

絹女とリファの比較をまとめ!

さて、絹女とリファの比較内容をおさらいしてみましょう!

ドライヤー後の髪質

比較項目おすすめドライヤー備考
クセの伸び絹女絹女は特に毛先のまとまりがいい◎
髪のまとまり絹女絹女は膨らみが少ない
ツヤの出方絹女リファもすばらしいものの、
絹女が一歩上
しっとり感リファ乾かしているのに髪が潤っていく
髪の柔らかさリファ毛先の硬くなった髪も柔らかくなる
ドライ後の髪質について

モード

ドライヤーモード備考
絹女GLOSSモード
SCULPモード
SWINGモード
その日の髪の状態で
使い分けが可能
リファSCALP
MOIST
VOLUME UP
すべてのモードを使うことは
あまりなさそう
モードについて

温風と冷風

風の種類絹女リファ
温風3段階2段階
冷風3段階風量固定(強風のみ)
温風と冷風について

風量とドライ時間

ドライヤー種類風量ドライ時間
絹女2.2㎥/分3:36
リファ1.4㎥/分4:07
風量とドライ時間

使いやすさ

比較項目絹女リファ
折りたたみ  
重さ 363g 740g
操作性  
使いやすさについて

価格とコスパ

ドライヤー種類価格コスパ
絹女26,400円
リファ(RE-AJ)39,600円
価格とコスパについて

絹女についてもっと詳しくレビューしている記事はこちら

>>絹女ドライヤーをくせ毛が使うと感動しかなかった!うねり・アホ毛・広がりをまとめて解決してくれる

リファについてもっと詳しくレビューしている記事はこちら

>>リファドライヤーはくせ毛に良いのか?デメリットや悪い口コミが本当か検証!

絹女のドライヤーがおすすめの人

絹女を手に持ったところ
絹女ドライヤー

絹女のドライヤーがおすすめなのはこんな人です。

  • ドライヤーでクセを伸ばしたい、ツヤがほしい人
  • コスパがいいものがほしい人
  • 収納、持ち運びしやすいものがほしい人

絹女は風が強いから広がりやすいといった口コミがありますが、風の扱いは慣れてしまえば大丈夫。

私もくせ毛ですが、むしろクセは伸びやすいと感じていますよ。

ツヤの出方もあらゆるドライヤーの中でピカイチなので、ツヤにあこがれている人には本当におすすめ。

高級ドライヤーは30,000円を超えてくるものが多い中、絹女の価格は26,400円

決して絹女の性能が劣っているというわけではなく、高性能でありながら価格は抑えられています。

本当の意味でコスパがいいです!

高級ドライヤーの中では珍しく折りたたみができるので、旅行などにも持っていけます◎

\いい口コミがたくさん/

リファのドライヤーがおすすめの人

リファビューテックドライヤーを持っているところ
リファ

リファのドライヤーをおすすめしたいのはこんな人です。

  • パサつきがひどく髪が硬い人
  • とにかく髪を痛めたくない人
  • 重さや大きさよりも性能を重視する人

パサつきがひどくて髪が硬くなってしまっているような人は、特にリファがおすすめです。

リファで乾かしているときのしっとり感や髪の柔らかさには驚きますよ。

温度を60℃以下に保ってくれる機能もあるので、髪を絶対に痛めたくない!という方には、リファがぴったりです。

\しっとりやわらか髪/

高級ドライヤー7機種を、全部実際に使って作成したランキングもあります。

気になる人は読んでみてくださいね。

>>【くせ毛】ドライヤーおすすめランキング厳選7つ!クセの伸び、ツヤ、まとまりなど全てにおいての1位とは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次