黒髪が老けて見えるのはなぜ?30代はメイクを変えたりハイライトを検討すべし

30代になると黒髪が老けて見えるのはなぜ?

30代になって久しぶりに黒髪にしてみたら、

あれ?老けて見える…

鏡に写る自分を見てショックを受けていませんか?

30代になると黒髪が老けて見えてしまう、その理由をこのページではお伝えしています。

また、黒髪が老けて見えるという現実を突きつけられたけど…

  • おしゃれのために黒髪にしたい!
  • 白髪が目立つ前にもう一度黒髪を味わっておきたい!
  • カラーの頻度を落としたい!

といった理由で、黒髪を諦めきれない気持ちがありませんか?

黒髪でも老けて見られないためには

  • メイクを変える
  • パーソナルカラーを知る
  • 黒髪を生かしたヘアカラーに挑戦する

といったことが大切。

30代になって黒髪にしたら老けて絶望した私が、徹底的に調べましたよ。

リリコ

このページの中で全て解説しているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

30代で黒髪にすると老けて見えるのはなぜ?

30代になって黒髪にすると、老けて見えるのはなぜなのでしょう?

これは、4つの理由がありますよ。

  1. 30代は肌がくすみやすくなってしまうから
  2. 重めの前髪で目元のシワが目立ってしまうから
  3. 髪のツヤがなくなってくるから
  4. 服が地味だから

1つずつ、詳しく説明しますね。

30代は肌がくすみやすくなってしまうから

30代になると20代の頃に比べ、代謝が悪くなってきます。

代謝が悪くなると、お肌がくすみがちに。

黒髪ははっきりした色なので、茶髪であるよりも肌のくすみが目立ってしまうんです。

周りのママさんを見てみると、黒髪でも老けて見えないのはやはり肌が透き通るようにキレイな方

逆に肌にシミがあったり、くすみがある方が黒髪にしていると「茶髪の方が若く見えそうだなぁ」と感じてしまいます。

重めの前髪で目元のシワが目立ってしまうから

黒髪は老けて見えそうだから、重めの前髪を作って若く見える髪型にしよう

こんなふうに考えている人は、要注意。

黒髪で前髪重めの髪型とか、いわゆるパッツン前髪が似合うのは20代まで

リリコ

30代はやめておいた方がいいです。

なぜかというと、前髪を重くすることで目元が目立ってしまうから。

30代になると、目元にはシワやシミができてきますが、こういった弱点が強調されてしまうんです。

かといって前髪をナシにしてしまうのも、それはそれで老けてみえがち。

間をとって、軽めの前髪を作るのが30代でも老けないポイントです。

髪のツヤがなくなってくるから

30代後半になってくると、女性ホルモンの分泌が減ってきます。

そして女性ホルモンの量が減ると、髪はツヤを失ってしまうのです。

だけど、黒髪にしても老けて見えないようにするためには、ツヤがとっても大事!

髪がもともと乾燥していてパサつきがある人は、黒髪は避けたほうが無難です。

リリコ

外見に気を使っていないような印象になってしまいますからね…。

ここで、ちょっと黒髪の女優さんを思い浮かべてみましょう。

  • 広瀬すず
  • 菜々緒
  • 仲間由紀恵
  • 栗山千明 など

みなさん、髪のツヤがすばらしいと思いませんか?

あれだけツヤがあって手入れが行き届いていれば、黒髪でも華やかに見えますよね。

逆にいうと、ここまでツヤがあってこそ黒髪が似合うと言えます。

実は、私も髪が乾燥していてツヤがないので黒髪から茶髪に戻しました。

結果、夫からは「黒髪より若く見える」と言ってもらえましたよ。

あと、パサパサ髪の人にはヘアオイルの「NiNE」をおすすめします。

これをスタイリング剤として使うと、しっとりとまとまってくれるし、ほどよく毛束感が出て髪型決まります…!

私はパサパサ髪の救世主としてすごく気に入っていますよ。

実際の使用感などをまとめているページもあります。

気になる人は読んでみてください^^

>>【口コミ】ホーユー・ナインのヘアオイルはリッチとライトどっちを使うべき?

服が地味だから

茶髪のときは、服が多少地味でもそれなりに華やかに見えたりするものですが…。

黒髪にした途端、鏡に映る自分の姿を見て「地味っ、ダサっ、垢抜けない!」と感じることが多くなります。

20代のときと違い、30代にもなると落ち着いた色味の服が多くなっているので余計ですね。

ファッションにそこまで興味がなく、無難な服が多いという方は、黒髪にすると一気に地味になる可能性があるので注意してくださいね。

黒髪が似合うためには顔立ちも大事

ひらめき

黒髪が似合う人であるためのハードルは意外と高いです。

黒髪が似合うためには、顔立ちも大切

まず、黒髪が似合う顔立ちというのは、目鼻立ちがはっきりしている人です。

もともと華やかさを持っている顔立ちなので、黒髪にしても垢抜けて見えます。

黒髪は印象の強い色ですが、目鼻立ちがはっきりしていればうまくバランスがとれますよ。

一方で、のっぺりとしている顔立ちの人だと、黒髪は似合いにくいでしょう。

黒は引き締める効果があるので、のっぺり感が強調されてしまうのです。

まさに私がこの「のっぺり顔」で、黒髪にしている間はずっとしっくり来ていませんでした。

リリコ

のっぺり顔という自覚がある人は、黒髪が似合わない可能性が高いです。

そもそも黒が似合わない場合もある!パーソナルカラーを知るのが大事

黒髪が老けて見えるかどうかは、あなたの「パーソナルカラー」に黒色が合うかどうか、ということも重要です。

パーソナルカラーって知ってますか?

パーソナルカラーとは

生まれもった色(髪、肌、瞳)をもとに、どんな色が似合うかを診断するもの

パーソナルカラーは、次の4つに分けられます。

  • イエローベース/春
  • ブルーベース/夏
  • イエローベース/秋
  • ブルーベース/冬

この中で黒髪が似合うのは、ブルーベースの夏と冬タイプの人です。

イエローベースとブルーベースの説明
イエローベースとブルーベースの説明

私はパーソナルカラーを診断してみたところ、「イエローベース/秋」でした。

そりゃ、黒髪が似合わないわけだ…と妙に納得。

パーソナルカラーを診断すると、黒髪が似合うかどうかだけではなくて、自分に似合いやすい服の色なんかも分かります。

自分のパーソナルカラーを知らないという人は、一度診断してみるのがおすすめ。

無料でできるパーソナルカラー診断

黒髪に似合うメイクを知っておけば30代でも老けて見られない!

黒髪にするなら、メイクのやり方もとても大切。

黒髪とメイクのバランスがしっかり取れていると、30代でも老けてみられませんよ。

黒ははっきりとした色なので、濃いメイクをするとケバく見えてしまいます。

かと言って、ナチュラルにしすぎると垢抜けない。

というわけで、黒髪に合わせたメイクはけっこう難易度が高いのです。

また、パーソナルカラーがブルーベース(ブルベ)なのか、イエローベース(イエベ)なのかによってもメイクの色味を変える必要があります。

リリコ

ここでは、黒髪に似合うメイクを、ブルベの場合とイエベの場合に分けて紹介しますね。

黒髪に似合うメイク:ブルベの場合

ブルベの人は、基本的に黒髪が似合う人です。

なので、似合う色味のメイクをすることでグッと華やかにおしゃれになりますよ。

ブルベの人が黒髪にするときに似合うメイクは、こんな感じ。

メイクするパーツおすすめカラー
アイブロウグレーがかったもの
(髪よりワントーン明るく)
アイシャドウ透明感のあるパープル系
ピンク、ボルドー系
アイラインブラック、ネイビー
優しい印象にしたければブラウンでもOK
リップローズ、ボルドー
黒髪に似合うメイク、ブルベの場合

ブルベの人は、ローズ、ピンク、ネイビーなどの青みがかった色が似合い、黒髪とのなじみもいいです。

メイクをするときには、これらの色を中心にそろえていくといいでしょう。

1つ気をつけたいのは、ブラウン系はあまり似合わないということ。

アイシャドウを選ぶとき、無難だから…とブラウン系を選んでしまっていませんか?

ブルベなら、パープル系やピンク系の方がおすすめです。

また、チークを入れる場合はナチュラルを意識しましょう。

入れすぎてしまうと、昭和っぽい印象になってしまいます。

黒髪に似合うメイク:イエベの場合

イエベの人は、黒髪は似合いにくいです。

それでも黒髪がいい!というのなら、メイクを黒髪に合う、かつイエベに合う色味に変えていきましょう。

メイクするパーツおすすめカラー
アイブロウオリーブやカーキの色味が入った濃いもの 
(黄みが強いもの)
アイシャドウ春タイプ:オレンジ、コーラル
秋タイプ:オリーブ系、カーキイエロー
アイラインダークブラウン
リップブラウンがかった赤
黒髪に似合うメイク、イエベの場合

アイブロウの色は髪と同系色にするのが、メイクの基本ですね。

ただ、イエベの人がアイブロウまで黒系にしてしまうと、似合う色ではないので浮いてしまうんです。

黄みの強いオリーブやカーキを選ぶと、うまくまとまりますよ。

リップについては、イエベの人は本来オレンジ系が似合います。

ただ、黒髪には赤系のリップがとても合うので、イエベの人でも似合うブラウンがかった赤を選ぶといいでしょう。

なるべく地毛でいたいなら、ハイライトカラーやグラデーションカラーもあり!

出典:ホットペッパービューティー

ここまで読んでみて、

「私は黒髪だと老けて見えそうだから、黒髪は諦めるか…」

と思った人もいるのでは?

でも、黒髪にしたい理由が

  • カラーリング費用がもったいない
  • 美容院へ行くのが好きではない
  • カラーリングは時間がもったいない

など、オシャレ以外のところにあるなら、おすすめのカラー方法がありますよ。

それは

  • 地毛(黒髪)にハイライトカラーを入れる
  • 地毛(黒髪)をベースにグラデーションカラーにする

というもの。

1つずつ、説明していきますね。

地毛(黒髪)にハイライトカラーを入れる

まずは、地毛(黒髪)にハイライトカラーを入れるというカラーリング方法を紹介しますね。

ハイライトカラーとは

ヘア全体の色よりも明るい色を部分的に入れるカラーリング技術。

ヘアスタイルに立体感や動きが出やすくなる。

これは、私自身もやっているカラーリング方法で、カラーの頻度を落としたいという人におすすめです。

なぜかというと、髪が伸びてきても根元が目立たないから

私が担当している美容師さんは

地毛の場合、1回ハイライトカラーを入れたら、最大で6ヶ月はもつよ

と言ってました。

ただ、普通のカラーよりハイライトカラーの方が1回あたりの施術料金は高いです。

私の通う美容院の場合(カット、シャンプー込)

  • 普通のカラー:12,430円
  • ハイライトカラー:13,750円

でも、頻度を落とせるので長い目で見るとカラーリングの料金は抑えられます。

実際、私は地毛+ハイライトをするようになってからは、4~5か月に1回しかカラーをしてません。

これは、ハイライトを入れてから4か月たったときの写真。

黒髪にハイライトを入れて4か月たったときの様子
黒髪にハイライトをいれて4か月たったころ

カラーした部分と地毛の部分がくっきり分かれていないので、あまり根元が目立たないんです。

それから、ハイライトといえばブリーチのイメージがある人もいるかもしれませんね。

だけど、私はブリーチしていません。

ベースになる色が地毛で暗いので、ブリーチしなくても十分にハイライトの役割を果たしてくれるからです。

これは、美容院でハイライトをしたときの写真。

黒髪にハイライトを入れたスタイル
黒髪にハイライトを入れたスタイル

普通のカラーよりも垢抜けて見えるので、気に入っています^^

ハイライトカラーをやってみたいなと思ったら、ホットペッパー ビューティーでハイライトカラーをしてくれるサロンを探してみましょう。

サロンの「スタイル」のページに、ハイライトを施術したスタイルが掲載されていたら、きっとそのサロンはハイライトの施術に自信があるということ。

そんな感じで、サロンの目星をつけてみるといいですよ。

地毛(黒髪)をベースにしてグラデーションカラーをする

地毛(黒髪)をベースにしてグラーデションカラーをする、という方法を紹介します。

グラデーションカラーとは

髪の中央部分~毛先にかけて、グラデーションになるようにカラーを入れる方法。

髪が伸びても根元が気にならない。

カラーの頻度を落としたい、カラー料金を節約したいという人にぴったりでしょう?

頭頂部~中間部が黒髪のグラデーションヘア
黒髪をベースにしたグラデーションカラー

グラデーションカラーも、カラーの頻度は抑えられるのに普通のカラーよりおしゃれに見えるという、お得なカラー方法。

リリコ

私もハイライトカラーに飽きてきたので、次回はグラデーションカラーにしてみようかな?と思っています。

ちなみに、私が通う美容院では、普通のカラーとグラデーションカラーの料金の違いはこんな感じ。

普通のカラー:12,430円

グラデーションカラー:12,650円

ほとんど変わらないですね。

グラデーションカラーは、対応している美容院としていない美容院があります。

こちらもホットペッパービューティーで、グラデーション対応の美容院を探してみるのがおすすめ。

ホットペッパーを使うのがお得なわけ

  • クーポンを使える
  • お店の営業時間外でも予約が取れる
  • ホットペッパーを通して予約すると、ポイントが貯まる
  • ポイントは美容院の支払いに使える

ホットペッパーを通して予約するだけでお得になるので、今まで使っていなかった人はぜひ^^

>>ホットペッパービューティーでグラデーションカラーのできるお店を予約する

30代の黒髪でも工夫すれば老けて見えない!

30代で黒髪にしても老けて見られない人は

  • 髪にツヤがある
  • 肌がキレイ
  • おしゃれ
  • 目鼻立ちがはっきりしている
  • パーソナルカラーがブルーベース

などなど、条件が多くてハードルが高いです…。

でも、そこで諦める必要はなくて、メイクやカラー方法を工夫すれば30代でも黒髪はありということをお伝えしました。

30代になると、20代のころより一層「年相応」というものが気になりますね。

けれど、制限があるからこそ工夫するという楽しみ方もあるのかも。

リリコ

なんでも楽しめる大人になりたいものですね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次