将棋の主要タイトル戦:賞金、序列、永世称号の概要解説

近年、将棋界で藤井聡太氏が大きな注目を浴び、史上最年少で名人位を獲得し、八冠全制覇を成し遂げました。

また、羽生善治氏は7つの異なるタイトルで永世称号を獲得し、2018年に国民栄誉賞を受賞するなどの業績を残しています。

本記事では、将棋の各タイトル戦の階層構造、賞金の詳細、主催者情報、そして永世称号の基準について詳しく説明します。

目次

将棋の主要なタイトル戦

プロ棋士が競う主要な大会は「棋戦」と呼ばれ、八大タイトル戦には朝日杯やNHK杯などが含まれます。

「八大タイトル戦」とは、竜王、名人、王位、王座、棋王、叡王、王将、棋聖の8つのタイトルで構成され、それぞれが保持者と挑戦者の間で複数回の対局を行い、勝者がタイトルを獲得します。

一般的にタイトル保持者は、名前の後にタイトル名を冠することが多く、「XX竜王」のように称されます。特に竜王戦と名人戦は、ランキングに基づく年間の昇降級が特徴的です。

タイトル戦の序列と基準

各タイトル戦の序列は、賞金と対局料の総額を基準に設定されており、竜王が最高位、次いで名人、王位、王座、棋王、叡王、王将、棋聖の順に並びます。

竜王と名人はその格式と歴史から高い評価を受けています。

【各タイトルの概要】

*竜王
1988年開始、10月-12月開催、賞金4320万円、7番勝負、主催:読売新聞社

*名人
1935年開始、4月-6月開催、賞金2000万円、7番勝負、主催:朝日新聞社・毎日新聞社

*王位
1960年開始、7月-9月開催、賞金1000万円、7番勝負、主催:ブロック紙3社連合

*王座
1983年開始、9月-10月開催、賞金800万円、5番勝負、主催:日本経済新聞社

*棋王
1975年開始、2月-3月開催、賞金600万円、5番勝負、主催:共同通信社

*叡王
2017年開始、4月-6月開催、賞金300万円〜600万円、5番勝負、主催:不二家

*王将
1951年開始、1月-3月開催、賞金300万円、7番勝負、主催:スポーツニッポン新聞社・毎日新聞社

*棋聖
1962年開始、6月-7月開催、賞金300万円、5番勝負、主催:産経新聞社

特に、竜王と名人のタイトルはその他のタイトルと比べて別格の扱いを受けており、昇段規定も特別に設定されています。

将棋の十段タイトルの歴史と現代の様相

女性がノートに書きこんでいるところ

囲碁には「十段」というタイトルがありますが、将棋にも同様のタイトルが存在していたのでしょうか?実は、1962年から1987年にかけて、将棋界にも「十段」という称号が存在していました。

このタイトルは読売新聞社が主催する十段戦を通じて決定されていましたが、1988年に十段戦は終了し、代わりに竜王戦が創設されました。

その際、読売新聞社は竜王戦の賞金を名人戦以上に設定し、将棋のタイトル戦序列で最上位に位置付けることを提案しました。これにより竜王戦が最上位のタイトルとされ、名人戦はそれに続く位置に設定されました。

将棋の八大タイトル戦と永世称号の解説

ひらめき

永世称号は、一定の条件を満たした棋士が引退後も名乗ることができる特別な称号です。各タイトルに関連する永世称号の概要は以下の通りです。

*竜王
永世称号は「永世竜王」。保持条件は連続5期または通算7期。資格者には渡辺明、羽生善治がいます。

*名人
永世称号は「永世名人」。保持条件は通算5期。資格者には木村義雄、大山康晴、中原誠、谷川浩司、森内俊之、羽生善治がいます。

*王位
永世称号は「永世王位」。保持条件は連続5期または通算10期。資格者には大山康晴、中原誠、羽生善治がいます。

*王座
名誉称号は「名誉王座」。保持条件は連続5期または通算10期。資格者には中原誠、羽生善治がいます。

*棋王
永世称号は「永世棋王」。保持条件は連続5期。資格者には渡辺明、羽生善治がいます。

*叡王
現在、永世称号の規定は設けられていません。

*王将
永世称号は「永世王将」。保持条件は通算10期。資格者には大山康晴、羽生善治がいます。

*棋聖
永世称号は「永世棋聖」。保持条件は通算5期。資格者には大山康晴、中原誠、米長邦雄、羽生善治、佐藤康光がいます。

結論

将棋の8大タイトル戦は、その格式高い歴史と伝統を背景に、プロ棋士にとって最も栄誉ある目標とされています。

特に竜王と名人のタイトルは他のタイトルと比べて格別に重要視され、棋士の昇段や称号使用に大きな影響を与えています。

また、永世称号は長期間にわたって特定のタイトルを保持した棋士に与えられる名誉であり、引退後もその称号を名乗ることが許されています。

これは棋士のキャリアでの最高の成就を象徴し、その地位を将棋界において永続的なものとします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次