流産の手術後、体調は?生理は?その後の妊娠は?気になることまとめ

お得なお知らせ

アンケートに答えるだけで無料でクレンジングがもらえます!

詳細はこちらをクリック!

この記事では、流産の手術のその後について書いています。

  • どんな風に体調不良が起こるのか?
  • 手術後、最初の生理はいつ頃来るのか?
  • 流産後、どのくらいの期間を経て妊娠できるのか?

など、色々と疑問がわいて、不安になっていませんか?

あくまでも私の体験談ですが、少しでも参考になることがあればと思い、記事にいたしました。

リリコ

「そうか、こういうこともあるんだな」という気持ちで読んでいただければ、幸いです。

目次

流産の手術後、体調はどんな風に変わる?

水滴のついた青い花

手術当日は麻酔の名残に支配される

手術は13時ころ始まり、16時には診察を受けて帰宅しました。

手術後は、のどがカラッカラに渇いていたようです。

日記に残しているくらいですから、多分よっぽどですね。

そして、全身麻酔での手術だったためか、当日はずっと頭がぼぉっとしていました。

当時の日記を元にした、手術についての詳しい内容はこちら。

あわせて読みたい

流産の判明と、手術を終えるまで。ありのままの手記

日記を見返すと、手術の日は24時間テレビをやっていたようです。

嵐がパーソナリティで24時間テレビだったため、夜のしゃべくり007を見た。

見ていたら全く眠くなくなり、(中略)3時か4時ころ、ようやく眠くなり就寝。

日頃はこんなことは滅多にないです(ロングスリーパーなので)

手術の当日だから、無理もないですよね。神経もたかぶっていたと思いますし。

普段なかなか3時や4時まで見たいテレビやってないですよね。

気が紛れてありがたかったです。

手術後の出勤は翌日からOKだったけど・・・

出勤については、なんと驚いたことに、休む必要は特になく、手術の次の日からでも出勤して良い、と先生から言われました。(※あくまでも、私個人の診断ですよ!)

いや、でも。

とても出勤できる心境じゃないじゃないですか。

体だって、休めたほうが良さそうじゃないですか。

私は、一週間でも二週間でも休みたいのが本音でした。

けれど月末ということと、超少数精鋭の職場ということがネックになり、結局次のように休ませてもらいました。

  • 流産が判明した金曜日→休んだ
  • 土日→もともとのお休み
  • 月、火→休んだ

そして水、木は通常どおり出勤したわけですが・・・

木曜日の夕方から頭痛・腹痛が出てきました。

金曜日の朝には脂汗がでるほどの痛みになっていました。

これ、ヤバイやつなんじゃ……と、会社にお休みをもらって、病院へ。(もともと、手術から一週間後に受診してくださいと言われていました)

リリコ

でも、ロキソニンを出されただけでした・・・

その後、すぐに頭痛はおさまりましたが、腹痛に急に襲われることがありました。(結構不安だった)

けれどそれも、徐々に収まっていったようです。

手術後の避妊は?出血はいつまで続く?

先生に指導された内容は次のようなものでした。(あくまでも、私に対する診断ですから、参考にするだけにしてくださいね!)

生理がくるまでは避妊をしましょう。

一回生理で子宮の中をキレイにしてから、また子作りをがんばりましょう。

性生活は、術後二週間たったらOK。

子宮内にまだ血が残っているから、あと一ヶ月くらいは不正出血があるかもしれないね。

リリコ

不正出血は、術後二週間の頃はまだありましが、三週間までは続かなかったようです。(日記参照)

最初の生理はどんな感じ?

巻貝にはいった一輪のデイジー

最初の生理は手術の一ヶ月後にきた

正確にいうと、手術した日の33日後に来ました。

私の通常の生理の周期は25~28日くらいです。

そのため、普段よりは少しだけ時間がかかったということですね。

最初の生理は重い?軽い?

結論から言うと、軽かったです。かなり。

重い生理がくることを覚悟していたのですが、肩透かしでしたねぇ。

生理痛も、冷えもありませんでした。

普段の生理は1,2日目の出血量が断然多く、徐々に減っていって6日目に終わる、という感じです。

この手術後の生理は、じわじわと量が多くなり、6日目は普段の4日目くらいの量でした。そして、9日目にしてやっと終わりました。

流産後、妊娠するまでどのくらいかかる?

黄色の花畑

あくまでも、私の体験談として書きますね。

手術したときから、生理遅れてる・・・!(妊娠週数でいうと5週)というところまでの期間でいうと、一年二ヶ月かかりました。

流産してしまった妊娠は、子作りを解禁してからすぐに授かることができたので、再度妊娠することができる一年二ヶ月の間、結構モヤモヤした気持ちで過ごしていました。

不妊治療で有名な産婦人科にかかってみたり、毎朝基礎体温計で体温を測定したり。

夫とギクシャクしてみたり。

リリコ

授かるまでに色々とありました。

詳しくはこちらの記事に書いています。

あわせて読みたい

流産してから退職を決意するまでと、その後のベビ待ち生活

流産は悲しいことですし、ない方がいいに決まっていますが、本当に色んなことを経験させてもらったなと、思っています。

最後に

流産した後、体がどんな風に変わるのか?どんな体調不良が起こるのか?

私は不安でした。

なぜなら、情報があまりないからです。

お医者さんでさえも、はっきりとは言ってくれません。

そんな経緯もあり、どなたかの参考になればいいなと思って、この記事を書きました。

リリコ

あくまでも、こんなケースもあるという前提でお読みいただければ幸いです。

まだまだ悲しみが癒えるのに時間はかかるでしょう。

けれどきっと、時間が薬になってくれるはずです。

だから、焦らずに、頑張らずに、ぼちぼちいきましょうね。

こちらの記事では、流産の悲しみを癒してくれた色々な方法についてまとめています。

あわせて読みたい

流産の悲しみを癒してくれる方法ー経験者の私が実際にやっていたこと

よかったら読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる