吉田輝星選手と同学年の「ミレニアム世代」がすごすぎる

お得なお知らせ

アンケートに答えるだけで無料でクレンジングがもらえます!

詳細はこちらをクリック!

吉田輝星選手は、2001年1月12日生まれです。

吉田選手と同学年に当たるのは2000年4月〜2001年3月生まれ。

この世代は、「ミレニアム世代」と呼ばれます。

ミレニアムとは?

→「千年紀」という意味があります。

ミレニアム世代で、高卒からプロに行った選手はすごい選手ばかり。

吉田選手を応援するなら、知っておきたい選手をまとめました。

リリコ

プロの世界にいってからも意識し合う仲になるはずです。

吉田選手を応援するなら、一緒にチェックしてみませんか?

試合を見るのがもっと楽しくなりますよ。

目次

柿木蓮(北海道日本ハムファイターズ)

かきぎれん、ドラフト5位指名、大阪桐蔭高校出身。

史上2度目の春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭高校のエース

日ハムにドラフト1位指名された吉田輝星選手とは、甲子園決勝で投げあった仲。

さらに甲子園のあとのU-18侍ジャパンで、二人はぐっと距離を縮めました。

日ハムに入団が決まってからも

あいつ(吉田)には負けたくない」と、柿木蓮選手は話しています。

2人が切磋琢磨してどんな成長をしていくのか、とても楽しみですね。

あわせて読みたい

吉田輝星選手と柿木蓮選手の関係とは?仲良し?ライバル?

山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)

やまぐちこうき、ドラフト4位指名、明桜高校出身。

明桜高校は秋田県の高校です。

2017年、2018年と夏の秋田県大会決勝は、2年連続で明桜vs金足農業。

山口選手と吉田選手は、ともに2年生からエース。

2017年の決勝で明桜に敗れた悔しさを糧にして、吉田選手は強くなったのでした。

山口なくして今の自分はあり得ない

というほど、吉田選手がライバルとして意識する山口選手。

山口選手は、2017年の秋田大会決勝で肩を傷めており、それ以来マウンドからは遠ざかっています。

バッターとしてどんな活躍をしてくれるのか、また、吉田選手とプロの世界でどんな活躍をしてくれるのか

とっっっっても楽しみですね!

根尾昴(中日ドラゴンズ)

ねおあきら、ドラフト1位指名、大阪桐蔭高校出身。

高校時代は「二刀流」として、2年生の時から強豪、大阪桐蔭高校のレギュラーとして活躍しました。

2018年春のセンバツの、優勝投手です。

夏の甲子園では、吉田輝星選手からホームランを打っています。

二刀流なだけでなく、ショートを守らせても超一流という、今までにないタイプの選手です。

プロでは二刀流を続行するのか? ショート一本で行くのか?

あなたはどこまでいくのか?!(笑)

1年目から1軍もあり得るので、そのあたりも注目です。

藤原恭大(千葉ロッテマリーンズ)

ふじわらきょうた、ドラフト1位指名、大阪桐蔭高校出身。

走攻守そろったスラッガーとして、甲子園を盛り上げました。

U-18侍ジャパンのときには、吉田輝星選手と「侍ポーズ」を披露してくれました。

U-18侍ジャパンでは、小園海斗選手とともに2年生の時から2年連続で選出されています。

ちなみに、小園海斗選手は中学校時代に所属していた「枚方ボーイズ」のチームメイト。

甲子園の翌日、「あまり疲れていないから」という理由で2人でバッティングセンターに行ったそう。

他にも、たくさんの常人離れしたエピソードがある藤原選手です。

小園海斗(広島東洋カープ)

こぞのかいと、ドラフト1位指名、報徳学園出身。

日本一のショート」を自身のテーマとして掲げ、高校時代から高い評価を受けていました。

守備位置が深いとよく言われます。

藤原恭大選手とは親友でもあり、「1番のライバル」でもある2人。

小園選手はセ・リーグ、藤原選手はパ・リーグなので、2人がプロの世界で戦う機会は決して多くないです。

どちらの方が早く一軍デビューするのか? どちらの方が早くレギュラーになるのか?

色々楽しみは尽きないですね。

最後に:ミレニアム世代楽しみすぎる!!

5選手を紹介してきましたが、このうち3人がなんと大阪桐蔭高校出身。

つまり、吉田選手が金足農業として甲子園の決勝を戦った相手ですね。

しかも、U-18侍ジャパンとしてチームメイトでもありました。

こんな関係の選手同士が、意識しないわけがないですね。

侍ジャパンでまた一緒に選出される日が来るかもしれません。

楽しみですね!

あわせて読みたい

吉田輝星と共にドラフトで日ハムに指名を受けた選手を調べてみた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる