陣痛を少しでも楽に乗り切ろう!二回出産したワタシがおススメする3つのこと

お得なお知らせ

アンケートに答えるだけで無料でクレンジングがもらえます!

詳細はこちらをクリック!

*陣痛がきたときにやってよかったこと*

閲覧ありがとうございます♪

一姫二太郎の母をしております、ORANGE100と申します。

この記事を読んでくださっているあなたは、
いま妊娠中でしょうか?
それともパートナーやご家族が
妊娠中でしょうか?

私の2回の出産経験から
これはやってよかった!という
陣痛対策をご紹介します(^^ゞ

*陣痛が来たらやっぱり動こう!

陣痛がきたことを確信し、
病院へ向かったのは
陣痛の間隔が10分になったとき。

病院へは車で10分。
その間にも3回陣痛がきました。
あれ?
10分間隔だったはずなのに多くない?

病院についてNST をしてもらうと
助産師さんが
「あ、もう5分間隔だね~」と。
えっ、そうなの?とびっくり。

これって多分、
病院への準備で色々動いたからなんですよね。

(準備するまでは、
じっと横になって陣痛に耐えていました。)

陣痛が進まない時には
歩いたり階段昇降しなさいと
よく言われるようですが納得です。

*冷えに注意!

・陣痛室を冷やしすぎない

私は初夏の出産でした。
それなのに!
陣痛室、クーラーが効きにくいというのです。

クーラー効かせたいなら
かなり温度設定を低くしなければならず。

でも、そうすると体が冷えるんです。

冷えると、
痛みが増すんです。

これは大問題ですよね。
ちょっとでも痛みは少ない方がよいです。

しかも体が冷えていると、
お産が進みにくい、というのも
本で読んだことがありました。

そこで、クーラー切っちゃいました。
汗だくになりましたが
その方が楽だったんです。

・レッグウォーマーをはく

これは冷え性の方にオススメです。
夏でもぜひはいてください。

何も、真冬にはくような
モコモコのやつでなくていいのです。

夏用の薄手のやつをはくだけでも
違いますよ。

*痛みがきても息を止めない

これは…難しいです(笑)
痛みに耐えようと思ったら
やっぱり思わず息を止めてしまうんですよね。

妊娠中からイメトレするのがオススメです。
お風呂に入っているときや、寝る前に
細く長く息を吐く練習をしてみてください。

実際、私は妊娠中に気がついたときに
細く長く息を吐く練習をしていて
それは本番で役に立ったなと思います。

何事も、備えあれば憂いなし(^^)/

*楽な体勢を色々試してみる

横になっているだけではなくて
色々と体勢を試して
少しでも痛みを和らげましょう。

長女の出産時、
陣痛室のベッドで私はずっと
座ってました。
その方が痛みが楽だったからです。

NST のために分娩室で横になると
ドカン!と痛みがきて
体勢が違うだけでこんなに痛さが違うの~?
と、戸惑いました。

長男の出産時は、
いわゆる“猫のポーズ”が楽でした。

image

その他にもやってみるとよいポーズが
こちらのサイトで見れますよ。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる